染の着物
白糸を先に織り上げて反物(たんもの)にし、
後から柄を染め上げたものを「染の着物」といいます。

留袖・訪問着・付け下げなどのフォーマル着物や色無地・小紋は
ほとんどがこの染の着物です。

◆◆戻る◆◆