色喪服
柄が入っていない無地の着物を色無地とよんでいますが
中でも、グレー、紺、藍、紫、濃緑など
暗めの、深い色の色無地に関しては
黒やグレーの帯とあわせることによって
喪服として着用することができます。

ただし、色喪服は略式の礼装になりますので、
葬儀に着用すると失礼にあたります。(特に身内のには)
この色喪服の着用は、主に偲ぶ会や喪が明けた後の法事、
それからちょっと遠い間柄の方のお通夜や送る会などになります。
◆◆戻る◆◆