単衣(ひとえ)
裏地のない着物で、6月から9月の夏の間に着ます。
さらに、7月〜8月の盛夏の時期は裏地のないもので、
生地の薄い「薄物」と呼ばれている着物を着ます。

これらの裏地のない着物をすべて「単衣(ひとえ)」といいます。


夏物では単衣を着ますが、「絽(ろ)」「紗(しゃ)」
と言われている着物も単衣の着物になります。
この「絽」「紗」というのは織りかたによって分類されています。


冬物の着物でも素材によって「ウール」などの着物は単衣に仕立てられています。
◆◆戻る◆◆